隠しカメラは記録に残したいシーンがあるときに便利です

サイトマップ
デスク

ドライブレコーダーの代わりとしても隠しカメラが使える

カメラのレンズ

車を運転するときドライブレコーダーが必須の時代になってきました。煽り運転が問題となっていますが、カモフラージュカメラがあれば現場の証拠を残せるので、警察に提出しやすくなります。ドライブレコーダーを固定している状態だと正面からしか撮影できませんが、カモフラージュカメラがあれば運転手がこちらに向かってきたときでも隠した状態で気付かれずに撮影を行えます。車から降りたときのトラブルに対しても、ボールペン型のカメラやボタン式のカメラで、あればいつでも撮影モードに入っているので安心です。リモコン操作ができるタイプもありますから、バッテリーの残量が気になるときは手の中にスイッチを入れておけば録画が開始されます。トラブルになったときスマホでも撮影や録音は行えますが、それだと相手から注意されたときに止めなければなりません。カモフラージュされた隠しカメラを日ごろから使っていれば、どんなトラブルでも後から見直すことができるので便利です。カメラ専門店にはいろんな種類のカモフラージュカメラがあります。ドライブレコーダーと合わせて車を運転するときに、カモフラージュされた隠しカメラを身に付けておくことをおすすめします。自転車やバイクに乗るときにも役に立つので、交通量が多い通りや死角の多い道路など、持っているだけで事故の証拠として残せるので便利です。

時計型の隠しカメラならペットを監視することができます

主人がいないときに、飼っているペットがどのような動きをしているか気になる方は、隠しカメラを利用してみてはいかがでしょうか。このカメラを作動しておくと普段ペットが何をしているのかわかります。主人がいないときに部屋の中をかけ出していたり、吠え続けているなど想定外の動きを監視することができます。隠しカメラの中には、設置しておけば外からスマホでも映像を見ることができるタイプもあります。緊急の場合には家にすぐ帰ることもできるようになります。一般のビデオカメラだとレンズに気付かれます。そして主人がいないときはすぐにいたずらしてきます。ペットは主人がいない状態でもいちおう警戒してしまいますから、ありのままの姿を見るなら気付かれずに撮影できるカメラが適しています。気付かれずに撮影できるカメラにはどのような種類があるのでしょうか。隠しカメラの専門店で購入できるのものだと時計に内蔵されているものが人気です。普段から置時計として利用していれば警戒されることもないので十分使えます。カメラがあるのを警戒して、主人がいないときにカメラを倒されてしまう危険性もあるので、日ごろから設置しておくのがいいです。洋服のボタンに仕掛けるカメラもありますから、ハンガーにかけておけば自然な形で撮影を行えます。レンズの大きさはピンホールほどなので近くで見ても黒い点にしか見えません。このようなタイプであれば、ペットに警戒されることなく使えます。

旅行の時にボタンに付ける隠しカメラならきれいに撮れます

解像度が上がってきているカモフラージュカメラは昔に比べて鮮明に撮影できるようになってきました。バッテリーや録画時間も飛躍的に性能が向上してきているので、長時間撮影をしていても電池や容量を気にする必要がありません。旅行するときにわざわざ重たくてかさばるビデオカメラを取り出さなくてもカモフラージュカメラさえあれば普通に撮影を行えます。カモフラージュカメラ専門店で購入するならボタンに内蔵されている小型の隠しカメラがおすすめです。ボタンの種類はいくつかあるので模様が似ている服を選べば違和感ありません。人混みが多いときは上着で隠して使えるので、必要な部分だけ撮影することができます。サイクリングやツーリングしているときも景色を美しく撮影することが可能です。ハンドル部分に取り付ける必要もないので、家を出るときに洋服にセッティングすればそのまますぐに出発できます。徒歩で旅行されるとき荷物が多くて両手が塞がっていた状態でも、ボタン式の隠しカメラなら景色をそのまま動画として残せます。撮影した動画はあとで編集が行えるので、不要な部分をカットできます。必要な部分だけを残せるので取り逃しのシーンが出てしまう心配もありません。見ている景色をそのまま残せるので旅の思い出になります。

TOP